brew updateしたらMysql2::Error: Can’t read dir of 〜で怒られた話

久しぶりにbrew updateをしてみたのはいいんですが、その後Railsのアプリケーション(hogehoge)でmigrationを実行するとこんなエラーが出てきました。

ふぁ!?こんなエラーははじめて見たのでちょっと焦る。。。

グーグル先生にきいてみるとMySQLの権限がおかしくなってて、brew updateの際に、/usr/local/mysql/data以下のディレクトリの所有者が_mysql:wheelではなく$user:wheelになってしまっていたのが原因みたい。本来、MySQLのディレクトリの所有者は_mysql:wheel であるべきらしい。確認すると、

所有者が$user:wheelになっていました。そこで、

/mysql/data以下のディレクトリの権限を_mysql:wheelに渡します。chownコマンドについてはここを見て下さい。もう一度migrationを実行。

いけました!!

【参考URL】http://stackoverflow.com/questions/6050903/mysql2-error-on-rails-migration

みかさ


brew updateしたらMysql2::Error: Can’t read dir of 〜で怒られた話」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: homebrewをいじったら Mysql2::Error: Can’t read dir of (errno: 13 – Permission denied): SHOW TABLES LIKE ‘schema_migrations’) が出て来て焦った – せんべいって美味しいよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です